Yuizenです。
孫さんの最近の切れ味が本当にすごい。
リタイヤ宣言を取り下げてからまるで吹っ切れたかのような、鬼神のような動きにわくわく感がとまらない。

・英国半導体のアームを買収
=> え!と驚く超上流投資
・英国のEU離脱
=> 普通はやばい!と考えるところ・・・
・ソフトバンクはアームとともに英国を支える旨宣言
=> 英国議会(英国連邦)を味方につける
・まさかのトランプ大統領
=> 世界の経済界で誰よりも早くトランプと会談
=> 米国における知名度向上、トランプ大統領の御眼鏡にかなう
=> スプリント、Tモバイルの合併に大きく前進
・10兆円ファンド始動
=> 米国派・中国派に続く第三派としての受け皿構想
=> シリア・イラン問題で嫌米に傾く石油王を引き込む
=> 高額購入したアームのファンド組み込みで実質的分担減


英国半導体のアームを買収する時点でここまでのプランを書いていたように思える無駄のない動き!

経産省・外務省がうろたえているのが目に浮かぶ。

金余りの状態も徹底活用し、あの手この手でどえらい借金を重ねて、
ここまでくればメガバンクも死ねばもろともって感じ。

振り返ればソフトバンクがまだまだ知名度ないころ、米国情報メディアを買付け、即候補企業を語らせたのは有名な話。
この往年の技をまた使おうってことだろうね。

ここで、ひとつポイント。

このソフトバンク・ビジョン・ファンド、登記が英国ジャージー代官区ってのがみそ。
場所は、英国だけれど仏国のモンサンミシェル沖合に浮かぶ島ってほうがイメージしやすい。
余談だけど、牛のジャージー種の原産地でも有名。

ウィキペディアによると・・・
イギリス国王をその君主とするが、イギリスの国内法上は連合王国 (United Kingdom) には含まれないイギリス王室属領として位置づけられている。そのため、イギリスがその外交及び国防に関して責任を負うものの、内政に関してイギリス議会の支配を受けず、独自の議会と政府を持ち、海外領土や植民地と異なり高度の自治権を有している。欧州連合にも加盟していない。したがって、イギリスの法律や税制、欧州連合の共通政策は適用されない。(中略)
主要産業は金融業、観光業、農業である。
島内には50の銀行があり、GDPの約60%が金融業によるものである(2005年現在)。租税回避地として世界的に知られている。所得税の税率は一律20%である。2008年5月6日に消費税が税率3%で導入された。2011年6月1日に消費税率は5%に変更された。2011年には、英国のシンクタンクにより、世界第21位の金融センターと評価されている

という場所。 わくわくするね。

このファンド、IoT関係を重視したファンドなのでAI・ロボットなど投資先もわかりやすい。
先回り、先回りっと。

 

 

============

結禅の ”腹をくくって資産構築” 論
10万円から強気!強気!(BullBull)で、まずは1200万円を突破しよう 人生は楽しまなきゃね!

http://bullbullandbull.com/

https://www.facebook.com/FinEduJP/

#結禅,#腹をくくって資産構築,
#10万円から投資,#人生は楽しまなきゃ,

#金融,#投資,#株,#FX,

#1000万程度の分散投資は意味がない,
#お金はすべてじゃないけど邪魔にならない,
#やっかいごとの根幹はお金の問題,
#死ぬこと以外はかすり傷

 

孫さんの狙いを深読みするhttps://i0.wp.com/bullbullandbull.com/wp-content/uploads/2017/05/WIN_20170521_13_36_15_Pro.jpg?fit=1920%2C1080https://i0.wp.com/bullbullandbull.com/wp-content/uploads/2017/05/WIN_20170521_13_36_15_Pro.jpg?resize=128%2C72bullbull投資の視点#1000万程度の分散投資は意味がない,#10万円から投資,#ai,#FX,#iot,#softbank,#お金はすべてじゃないけど邪魔にならない,#やっかいごとの根幹はお金の問題,#人生は楽しまなきゃ,#株,#死ぬこと以外はかすり傷,#腹をくくって資産構築,#金融,投資Yuizenです。 孫さんの最近の切れ味が本当にすごい。 リタイヤ宣言を取り下げてからまるで吹っ切れたかのような、鬼神のような動きにわくわく感がとまらない。 ・英国半導体のアームを買収 => え!と驚く超上流投資 ・英国のEU離脱 => 普通はやばい!と考えるところ・・・ ・ソフトバンクはアームとともに英国を支える旨宣言 => 英国議会(英国連邦)を味方につける ・まさかのトランプ大統領 => 世界の経済界で誰よりも早くトランプと会談 => 米国における知名度向上、トランプ大統領の御眼鏡にかなう => スプリント、Tモバイルの合併に大きく前進 ・10兆円ファンド始動 => 米国派・中国派に続く第三派としての受け皿構想 => シリア・イラン問題で嫌米に傾く石油王を引き込む => 高額購入したアームのファンド組み込みで実質的分担減 英国半導体のアームを買収する時点でここまでのプランを書いていたように思える無駄のない動き! 経産省・外務省がうろたえているのが目に浮かぶ。 金余りの状態も徹底活用し、あの手この手でどえらい借金を重ねて、 ここまでくればメガバンクも死ねばもろともって感じ。 振り返ればソフトバンクがまだまだ知名度ないころ、米国情報メディアを買付け、即候補企業を語らせたのは有名な話。 この往年の技をまた使おうってことだろうね。 ここで、ひとつポイント。 このソフトバンク・ビジョン・ファンド、登記が英国ジャージー代官区ってのがみそ。 場所は、英国だけれど仏国のモンサンミシェル沖合に浮かぶ島ってほうがイメージしやすい。 余談だけど、牛のジャージー種の原産地でも有名。 ウィキペディアによると・・・ イギリス国王をその君主とするが、イギリスの国内法上は連合王国 (United Kingdom) には含まれないイギリス王室属領として位置づけられている。そのため、イギリスがその外交及び国防に関して責任を負うものの、内政に関してイギリス議会の支配を受けず、独自の議会と政府を持ち、海外領土や植民地と異なり高度の自治権を有している。欧州連合にも加盟していない。したがって、イギリスの法律や税制、欧州連合の共通政策は適用されない。(中略) 主要産業は金融業、観光業、農業である。 島内には50の銀行があり、GDPの約60%が金融業によるものである(2005年現在)。租税回避地として世界的に知られている。所得税の税率は一律20%である。2008年5月6日に消費税が税率3%で導入された。2011年6月1日に消費税率は5%に変更された。2011年には、英国のシンクタンクにより、世界第21位の金融センターと評価されている という場所。 わくわくするね。 このファンド、IoT関係を重視したファンドなのでAI・ロボットなど投資先もわかりやすい。 先回り、先回りっと。     ============ 結禅の ”腹をくくって資産構築” 論 10万円から強気!強気!(BullBull)で、まずは1200万円を突破しよう 人生は楽しまなきゃね! http://bullbullandbull.com/ https://www.facebook.com/FinEduJP/ #結禅,#腹をくくって資産構築, #10万円から投資,#人生は楽しまなきゃ, #金融,#投資,#株,#FX, #1000万程度の分散投資は意味がない, #お金はすべてじゃないけど邪魔にならない, #やっかいごとの根幹はお金の問題, #死ぬこと以外はかすり傷  10万円から強気!強気!(BullBull)で、まずは1200万円を突破しよう 人生は楽しまなきゃね!