6月10日、日銀の黒田総裁が円安が一段と進む可能性は低いという発言を受け、
円相場は一時、1ドル=122円台半ばまで値上がりしました。
一日で2円以上の円高です。

明けて11日、123円半ばを推移、今週の終値は124.417円。

黒田総裁曰く、これはバズーカではない!
というものの、バズーカ並みの威力ですね。

これで当面は、123ー125円のボックス相場になるのでしょう。
ある意味、仕込みやすい相場ともいえますね。

6月は株主総会がラッシュ。
キーワードは、
NISA、スチュワードシップコード、外人買い入れ

なので、我が家の投資スタンスは、
・最低購入代金 > 80万
・キャッシュリッチ企業
・低PBR
・非225銘柄    

さて、どうなるか・・・