来年夏から、選挙権が18歳に変更されました。

海外では当たり前なことだそうです。
欧州系の投票率をみると若者の投票率は高く、
政治・経済に感心があることがわかります。
対する日本ですが、
面倒くさい、興味ない・・なんていうのはまだましで
投票しないのも意思表明のひとつだ!
とわけのわからんことをいう人もいますね。

興味がないと、国政にいいようにされてしまうのに。
しらないうちに、税金が増え、収入が減り、
戦争に巻き込まれるかもしれないのに・・

無知のリスクこそ、もっとも怖いと思うのです。

選挙には2つの意味があります。
誰(or党)を選ぶということ
世間では何が焦点となっているかを知ること

”たられば”は過去形で使うとダメですが、
未来形で使うと価値あります。
もしあの法案がとおったら・・・
もしあの規制がなくなったら・・・

世の中の何がかわり、それがどう影響するか、
それにより誰がメリット・デメリットを得るか、
で自分はどうするべきか・・・

そんなことを
おっさんは若者に、
親父は子どもたちに
伝えるべきかと。

そんな風に感じる記事でした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150617-00000017-mai-pol

PS1
歴史を変えるのはいつも若者。香港の自由化も、明治維新も全て若者。

PS2
民法、少年法などの成年年齢引き下げも検討するらしいですね。
子どもたちに大人の自覚を持たせなきゃ。