結禅の ”腹をくくって資産構築” 論

投資進化論:実践編

投資進化論:実践編

10万円のFX投資でチャートの見方、慣れてきました?
10万円が12万円程度にまで増えてきました?

投資にある程度慣れてきたら、少しづつその範囲を広げていきます。
いろいろな投資モデルを体験していきます。

世の中、いろんな金融商品あります。
FXなら16通貨以上
日本株なら5000種類以上
投資信託に至っては3万種類以上ありますね。
そのほかにも、日経225先物、REITなども・・・
目新しい金融商品が毎月のようにリリースされています。
本当に、目移りしますよね。w

もしあなたが銀行や証券会社の窓口にいって
投資のために金融商品を探していますと
相談すると、まず間違いなく投資信託をおすすめされるはず。

実は投資信託含めどの金融商品も因数分解してみると、
為替と株と債券の材料で成り立っています。

為替と株と債券の材料に、
オプションと先物と信用という取引をスパイス代わりにして味付けされています。

REITは不動産だから違うという意見があるかもしれませんが、
法人を株式にしている形態を、不動産に置き換えているだけで
実質的には現物株と同じことです。

繰り返しますが、すべての金融商品は為替と株と債券で成り立ちます。
ということは、
すべての市販されている金融商品はあなたも作ることもできます。

まるで料理と同じことですね。

あなたが、カレー作るのが得意とすれば、外でカレー食べるときに躊躇しませんか?家で作ったほうが安いとか、うまいとか。
さらにうまいカレーを作るため、体験することはありますね。
また家では買えない食材があるカレーなら試してみるかもしれませんよね。

金融商品もそのように考えてみると面白くないですか?

そういう意味で、株式は外せない金融商品です。

1、日本株取引に慣れる
2、慣れた!という判断基準
3、日本株取引に挑む

■1、日本株取引に慣れる

株取引をやるといって数百万円ないとできないということはありません。
一口1万円でもできる銘柄はあります。
銘柄選択の幅を広げる意味でも10万円程度は準備したいところです。
ミニ株取引を使うと、銘柄選択の幅がより広がります。

いきなり数百万もつっこむことは推奨しません。
百戦錬磨、連戦連勝などはないです。
スポーツと同じで、躓き転んで失敗を繰り返してうまくなっていくものです。
ならば、失敗することを前提にするならば、失敗する痛手は最小限にしたほうがいいですよね。なので少額でチャレンジします。

少額投資で有名な銘柄は、例えばみずほフィナンシャルグループ。
一株200円前後です。
100株が一口ですから、2万円程度の投資で買えることになります。

実際に投資してみるとわかることですが、FXに比べ値段の変化、損益の変化は緩やかに感じるはずです。

現実株で買い注文をいれたのであれば、同じ銘柄で信用取引の売り注文も体験することをお勧めします。

仮に同じ銘柄で、同じ値段で売り買いを重ねると損はないですよね。
(実際は若干の手数料取られますが)
ほら、これで、金額のヘッジ(保険)がきいたことになります。

ちなみにこの手法、株式優待をタダでもらえることでも有名ですよね。
もらった優待を使うのもよし、優待の種類によっては換金ショップで売ることだってできます。

信用取引は必ず体験しておいてください。

現物取引は、買いからしか入れません。
売り相場のときにエントリーできないということは、チャンスを逸することにもなりかねません。

いざというときに実際に信用取引を実行するかどうかは別にして、いつでも実行できるように、慣れ親しんでいくことはとても重要です。

 

■2、慣れた!という判断基準

 

日本株での現物取引・信用取引、そしてFXをできるだけ繰り返してください。最低基準として、取引回数が100回以上は必要です。
その過程過程で、プラスを出すこともあるでしょう。逆にマイナスになることも。

ここまで紹介した方法ならば、失敗したとしても傷は浅いですよね。
繰り返しますが、連戦連勝なんてものはありません。
かならず躓き転ぶものです。

ただその失敗が大けがとなり、一発退場にならないように
小さな失敗を繰り返すことが大切です。

私も300万や1000万の大損を何度も体験しました。
失敗して身につくこともあります。
同じ指南でも、失敗する前と後では感じるものは異なります。

経験とは、取引回数であり、失敗数。
メンタルが強くないと、投資はうまくいきません。

FXや株式での取引回数が100回を超えると、最低限の胆力は身につくはずです。ほとんどの方はこの回数を超えてこないまま、退場していきます。ここからが本当の投資ステージなんですがね。

あ、あともう一つ。
投資回数100回の他、当初の投資額が2倍が達成できるまでは次のステージにはいかないでください。

当初の投資額が10万円なら20万円。
当初の投資額が20万円なら40万円。

100回の投資で達成できないのならば、200回でも300回での繰り返してください。

本格的な投資はこのノルマを達成してからにしてくださいね。

100万円以上かけた投資をするにはまずこのノルマをこなしてください。

 

■3、日本株取引に挑む

 

投資回数100回超えました?
当初の投資額から2倍に増えました?

ならば次のステージにいきましょう!

ちなみに
当初の投資額から2倍に増やすまで、
何週間、何か月、人によっては何年かかりました?

その期間を短くしていくことに主眼を置きます。

短期間で投資額を2倍にしていきます。

当初10万円でスタートしているなら
いまは20万円あるはず。
その20万円を元手にして倍々にしていきます。
元手  20万円
1  40万円
2  80万円
3 160万円
4 320万円
5 640万円
61280万円

計算上は、20万円を6回、倍にすれば1280万円になりますね。
この6回は投資回数ではなく投資ステージだと解釈してください。
各投資フェーズをどれだけ短期間で駆け抜けられるか。
そういうゲームだと割り切ってください。

はっきりいうと、超ハイリスクな投資をやることになります。
ステージアップどころか大きくステージダウンになることも珍しくないです。
ただ一方で当初投資額は、10万円のはず。

全てを失っても10万円で済むという意味では、
ローリスクですよね。w

投資方針を短期間に2倍にしていくという目標に絞ると
選ぶべき戦略もおのずと絞られます。

地味に数%を繰り返してもなかなか2倍までにはいかないです。
なかなか2倍にならないということは、ずっと投資を放置しつづけるということ。
投資期間が長ければ長いだけリスクにさらされる期間が長いともいえますね。

取るべき戦略は、

短期にいっきに増やす集中投資!

ステージ3のゴールである160万貯まるまでは1銘柄で、
ステージ6のゴールである1280万までは最大3銘柄にしぼって投資します。

短期に増やすという作戦である以上、だらだらと長期投資はしません。
短期で急騰するであろう銘柄を探し、急騰しはじめると上限値を設定し、とっとと逃げます。急騰に心奪われ、もっと上がるだろうという思いを断ち切って、次にいくのが最大のポイントです。

短期に2倍、4倍、8倍になる可能性をもっとも秘めているのは振興株。振興株が集まる市場は・・・マザーズ市場とJASDAQ市場の銘柄に限定します。

東証一部と二部に上場している銘柄は約2500。
それに比較して、マザーズは約240、JASDAQは750の銘柄、合計約1000社と絞られますね。東証一部二部銘柄では短期で2倍になる銘柄はほぼない状態ですが、マザーズ・JASDAQにはお宝銘柄があります。

1000社じゃあ選びきれない!という方は、まずはマザーズ銘柄に限定して、よさそうなのがなければJASDAQを探すという流れですね。

マザーズ市場は、簡単にいえば東証三部。
東証一部、二部上場を目指せる資格がありそうだと認められた企業群。
マザーズ市場を1年で卒業する企業もあります。

一方で 「マザーズに上場して10年を経過するとマザーズでの継続か、東証二部へ移動することができる」特典があります。

この市場移動こそが最大のチャンス。

そのほかにも次の戦術で数十%の短期暴騰を拾っていきます。
・新規上場 IPO銘柄狙い
・新規上場後のロックアップ期間が明けたのちの大底で仕込む
・ニュースになる前のネタで仕込む
・赤字から黒字転換になる企業を探す

このあたりの戦術は、個人投資家ならではの手法です。
ファンドや機関投資家は一定のルールで投資しています。
別の言い方をすると、一定のルールをクリアしないと投資できない。
なので、ファンドや機関投資家が買いたくても買えないうずうずする銘柄を選び投資するという戦術です。

 

============

結禅の ”腹をくくって資産構築” 論
10万円から強気!強気!(BullBull)で、まずは1200万円を突破しよう 人生は楽しまなきゃね!

http://bullbullandbull.com/

https://www.facebook.com/FinEduJP/

#結禅,#腹をくくって資産構築,
#10万円から投資,#人生は楽しまなきゃ,

#金融,#投資,#株,#FX,

#1000万程度の分散投資は意味がない,
#お金はすべてじゃないけど邪魔にならない,
#やっかいごとの根幹はお金の問題,
#死ぬこと以外はかすり傷

投資進化論:実践編https://i1.wp.com/bullbullandbull.com/wp-content/uploads/2017/04/bigfoot-542546_640.jpg?fit=640%2C426https://i1.wp.com/bullbullandbull.com/wp-content/uploads/2017/04/bigfoot-542546_640.jpg?resize=128%2C85bullbull投資進化論#1000万程度の分散投資は意味がない,#10万円から投資,#FX,#お金はすべてじゃないけど邪魔にならない,#やっかいごとの根幹はお金の問題,#人生は楽しまなきゃ,#株,#死ぬこと以外はかすり傷,#結禅,#腹をくくって資産構築,#金融,投資投資進化論:実践編 10万円のFX投資でチャートの見方、慣れてきました? 10万円が12万円程度にまで増えてきました? 投資にある程度慣れてきたら、少しづつその範囲を広げていきます。 いろいろな投資モデルを体験していきます。 世の中、いろんな金融商品あります。 FXなら16通貨以上 日本株なら5000種類以上 投資信託に至っては3万種類以上ありますね。 そのほかにも、日経225先物、REITなども・・・ 目新しい金融商品が毎月のようにリリースされています。 本当に、目移りしますよね。w もしあなたが銀行や証券会社の窓口にいって 投資のために金融商品を探していますと 相談すると、まず間違いなく投資信託をおすすめされるはず。 実は投資信託含めどの金融商品も因数分解してみると、 為替と株と債券の材料で成り立っています。 為替と株と債券の材料に、 オプションと先物と信用という取引をスパイス代わりにして味付けされています。 REITは不動産だから違うという意見があるかもしれませんが、 法人を株式にしている形態を、不動産に置き換えているだけで 実質的には現物株と同じことです。 繰り返しますが、すべての金融商品は為替と株と債券で成り立ちます。 ということは、 すべての市販されている金融商品はあなたも作ることもできます。 まるで料理と同じことですね。 あなたが、カレー作るのが得意とすれば、外でカレー食べるときに躊躇しませんか?家で作ったほうが安いとか、うまいとか。 さらにうまいカレーを作るため、体験することはありますね。 また家では買えない食材があるカレーなら試してみるかもしれませんよね。 金融商品もそのように考えてみると面白くないですか? そういう意味で、株式は外せない金融商品です。 1、日本株取引に慣れる 2、慣れた!という判断基準 3、日本株取引に挑む ■1、日本株取引に慣れる 株取引をやるといって数百万円ないとできないということはありません。 一口1万円でもできる銘柄はあります。 銘柄選択の幅を広げる意味でも10万円程度は準備したいところです。 ミニ株取引を使うと、銘柄選択の幅がより広がります。 いきなり数百万もつっこむことは推奨しません。 百戦錬磨、連戦連勝などはないです。 スポーツと同じで、躓き転んで失敗を繰り返してうまくなっていくものです。 ならば、失敗することを前提にするならば、失敗する痛手は最小限にしたほうがいいですよね。なので少額でチャレンジします。 少額投資で有名な銘柄は、例えばみずほフィナンシャルグループ。 一株200円前後です。 100株が一口ですから、2万円程度の投資で買えることになります。 実際に投資してみるとわかることですが、FXに比べ値段の変化、損益の変化は緩やかに感じるはずです。 現実株で買い注文をいれたのであれば、同じ銘柄で信用取引の売り注文も体験することをお勧めします。 仮に同じ銘柄で、同じ値段で売り買いを重ねると損はないですよね。 (実際は若干の手数料取られますが) ほら、これで、金額のヘッジ(保険)がきいたことになります。 ちなみにこの手法、株式優待をタダでもらえることでも有名ですよね。 もらった優待を使うのもよし、優待の種類によっては換金ショップで売ることだってできます。 信用取引は必ず体験しておいてください。 現物取引は、買いからしか入れません。 売り相場のときにエントリーできないということは、チャンスを逸することにもなりかねません。 いざというときに実際に信用取引を実行するかどうかは別にして、いつでも実行できるように、慣れ親しんでいくことはとても重要です。   ■2、慣れた!という判断基準   日本株での現物取引・信用取引、そしてFXをできるだけ繰り返してください。最低基準として、取引回数が100回以上は必要です。 その過程過程で、プラスを出すこともあるでしょう。逆にマイナスになることも。 ここまで紹介した方法ならば、失敗したとしても傷は浅いですよね。 繰り返しますが、連戦連勝なんてものはありません。 かならず躓き転ぶものです。 ただその失敗が大けがとなり、一発退場にならないように 小さな失敗を繰り返すことが大切です。 私も300万や1000万の大損を何度も体験しました。 失敗して身につくこともあります。 同じ指南でも、失敗する前と後では感じるものは異なります。 経験とは、取引回数であり、失敗数。 メンタルが強くないと、投資はうまくいきません。 FXや株式での取引回数が100回を超えると、最低限の胆力は身につくはずです。ほとんどの方はこの回数を超えてこないまま、退場していきます。ここからが本当の投資ステージなんですがね。 あ、あともう一つ。 投資回数100回の他、当初の投資額が2倍が達成できるまでは次のステージにはいかないでください。 当初の投資額が10万円なら20万円。 当初の投資額が20万円なら40万円。 100回の投資で達成できないのならば、200回でも300回での繰り返してください。 本格的な投資はこのノルマを達成してからにしてくださいね。 100万円以上かけた投資をするにはまずこのノルマをこなしてください。   ■3、日本株取引に挑む   投資回数100回超えました? 当初の投資額から2倍に増えました? ならば次のステージにいきましょう! ちなみに 当初の投資額から2倍に増やすまで、 何週間、何か月、人によっては何年かかりました? その期間を短くしていくことに主眼を置きます。 短期間で投資額を2倍にしていきます。 当初10万円でスタートしているなら いまは20万円あるはず。 その20万円を元手にして倍々にしていきます。 元手  20万円 1  40万円 2  80万円 3 160万円 4 320万円 5 640万円 61280万円 計算上は、20万円を6回、倍にすれば1280万円になりますね。 この6回は投資回数ではなく投資ステージだと解釈してください。 各投資フェーズをどれだけ短期間で駆け抜けられるか。 そういうゲームだと割り切ってください。 はっきりいうと、超ハイリスクな投資をやることになります。 ステージアップどころか大きくステージダウンになることも珍しくないです。 ただ一方で当初投資額は、10万円のはず。 全てを失っても10万円で済むという意味では、 ローリスクですよね。w 投資方針を短期間に2倍にしていくという目標に絞ると 選ぶべき戦略もおのずと絞られます。 地味に数%を繰り返してもなかなか2倍までにはいかないです。 なかなか2倍にならないということは、ずっと投資を放置しつづけるということ。 投資期間が長ければ長いだけリスクにさらされる期間が長いともいえますね。 取るべき戦略は、 短期にいっきに増やす集中投資! ステージ3のゴールである160万貯まるまでは1銘柄で、 ステージ6のゴールである1280万までは最大3銘柄にしぼって投資します。 短期に増やすという作戦である以上、だらだらと長期投資はしません。 短期で急騰するであろう銘柄を探し、急騰しはじめると上限値を設定し、とっとと逃げます。急騰に心奪われ、もっと上がるだろうという思いを断ち切って、次にいくのが最大のポイントです。 短期に2倍、4倍、8倍になる可能性をもっとも秘めているのは振興株。振興株が集まる市場は・・・マザーズ市場とJASDAQ市場の銘柄に限定します。 東証一部と二部に上場している銘柄は約2500。 それに比較して、マザーズは約240、JASDAQは750の銘柄、合計約1000社と絞られますね。東証一部二部銘柄では短期で2倍になる銘柄はほぼない状態ですが、マザーズ・JASDAQにはお宝銘柄があります。 1000社じゃあ選びきれない!という方は、まずはマザーズ銘柄に限定して、よさそうなのがなければJASDAQを探すという流れですね。 マザーズ市場は、簡単にいえば東証三部。 東証一部、二部上場を目指せる資格がありそうだと認められた企業群。 マザーズ市場を1年で卒業する企業もあります。 一方で 「マザーズに上場して10年を経過するとマザーズでの継続か、東証二部へ移動することができる」特典があります。 この市場移動こそが最大のチャンス。 そのほかにも次の戦術で数十%の短期暴騰を拾っていきます。 ・新規上場 IPO銘柄狙い ・新規上場後のロックアップ期間が明けたのちの大底で仕込む ・ニュースになる前のネタで仕込む ・赤字から黒字転換になる企業を探す このあたりの戦術は、個人投資家ならではの手法です。 ファンドや機関投資家は一定のルールで投資しています。 別の言い方をすると、一定のルールをクリアしないと投資できない。 なので、ファンドや機関投資家が買いたくても買えないうずうずする銘柄を選び投資するという戦術です。   ============ 結禅の ”腹をくくって資産構築” 論 10万円から強気!強気!(BullBull)で、まずは1200万円を突破しよう 人生は楽しまなきゃね! http://bullbullandbull.com/ https://www.facebook.com/FinEduJP/ #結禅,#腹をくくって資産構築, #10万円から投資,#人生は楽しまなきゃ, #金融,#投資,#株,#FX, #1000万程度の分散投資は意味がない, #お金はすべてじゃないけど邪魔にならない, #やっかいごとの根幹はお金の問題, #死ぬこと以外はかすり傷10万円から強気!強気!(BullBull)で、まずは1200万円を突破しよう 人生は楽しまなきゃね!

Related Posts

配当金と優待券

配当金と優待券

財務省の妙手!円とアジア通貨、直接交換市場

財務省の妙手!円とアジア通貨、直接交換市場

プレスティアのいいところ

プレスティアのいいところ

外貨預金ってなんだろね

外貨預金ってなんだろね

孫さんの狙いを深読みする

孫さんの狙いを深読みする

北朝鮮x金融

北朝鮮x金融

投資進化論:上級編

投資進化論:上級編

投資進化論:開花編

投資進化論:開花編

投資進化論:練習編

投資進化論:練習編

投資進化論:準備編

投資進化論:準備編

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です