Yuizenです。
東芝関係のニュースが駆け巡っていますね。
このニュースの初動である7月上旬からから
我が家では超注目銘柄。

 

上場廃止の可能性も見据え
基本は、東芝は売り推奨で捉えていました。

 

この日曜の家族投資会議(笑)でも
東芝は売り!という方向性は変えず、
但し、エントリー条件は、始値>終値としていました。

 

結果は・・・・

御存知の通り火曜から、右肩上がりです。
はー、危ない危ない。

 

娘が明日から夏合宿にいくので、
銘柄を仕込んでいます。鼻歌まじりで w

 

当然、東芝の銘柄に注目し、
方向性を出した父上に対し、クレーム(笑)を
ぶつけてきます。

 

娘曰く、

こんなことした会社は潰れないの?

こんなことした会社は上場廃止にならないの?

どうして株価は下がらず、上がっていくの?

と。
いったんの株価上昇は、
上場廃止の可能性が遠ざかった
一定幅の下落で利益確定した
あたりの理由を伝えましたが・・・

 

正直、私も想定の値動きじゃないので不思議に思っていました。
過去類似だと廃止対象に間違いなくなりましたよね。

 

ただ、上場廃止になって、一番損害受けるのは
不適切な会計をおこなった東芝ではなく
東芝を信じて買った投資家。

 

不適切会計で裏切られ、
上場廃止でまた裏切られるというのも
変な話です。

 

中国リスクなど環境のマイナス変化が強くなると
下方圧力を一番先に受けそう。

 

一方、東芝は政治銘柄でしすね。
その点ではまだまだ注目すべき銘柄です。

 

では。